無農薬 オーガニック

無農薬、オーガニック製品の紹介

2017年08月

亜麻仁油と冷え性対策


予防医学の第一人者が教えてくれる温活生活


さまざまな健康効果で人気の亜麻仁油ですが、冷え性対策にも役立つと記事が掲載されました。
記事2ページ分を詳しくご紹介
ベジタブル&オーガニックライフ情報誌veggy(ベジィ)
ベジタブル&オーガニック情報誌veggy

雑誌veggy vol.49 2016年12月号に掲載された亜麻仁油が体を冷えから救うなどの山田豊文先生の記事をご紹介
亜麻仁油の選び方や製造について


冷え性による血行不良は、免疫力の低下を引き起こして、やがてはガンなどの病気につながります。全身を元気にする食習慣や生活習慣について、アスリートをはじめとする各界の著名人の健康アドバイスを幅広く行っている、山田豊文先生に教えていただきました。


veggy-49号 P16 12月号
低体温は病気が起きる前のサイン

吉良 「冷え性」といえば、昔は女性特有のイメージでしたが、近頃では、男性でも冷えに悩む人が増えてきました。真冬になると、スーツの下にスパッツを履いて防寒している方もいらっしゃるそうです。ただし、本来は身体の外側からではなくて、内側から「熱」となるようなエネルギーを出していくべきだと思いますが、先生はどう思われますか?

山田 もちろん、私もそうするべきだと思います。身体で熱を作って冷えを予防・克服していくためには、まずは正しい食事を摂ることが基本中の基本です。また、その他にも、質のよい睡眠や適度な運動など、人生の土台となるライフスタイルを見直さなければなりません。人の身体は、「体温が1℃下がれば、免疫力が3割低下する」といわれていますから、病気予防のために「脱・冷え性」がポイントになります。

吉良 今は、学校でも子どもたちの低体温が問題になっています。昔から「冷えは万病のもと」と言われますが、身体にとって体温を維持することはどれほ
ど重要なのでしょうか?

山田 私たちの身体には、外気の温度変化に関わらず、体温などを一定に保つ「ホメオスタシス」(恒常性)という仕組みが備わっています。このホメオスタシスのおかげで体温は約36.5℃に維持されているわけですが、これより低い状態が続くと、全身の細胞内での化学反応、つまり「代謝」がスムーズに行われなくなります。また、免疫を司る白血球も細胞ですから、白血球の活動が弱まることで免疫力が低下して、さまざまな病気を引き起こす要因にもなります。近年になって、子どもの低体温が目立つようになってきたのは、まさに身体の細胞が異常をきたしていて、エネルギーを正しく作り出せなくなっている証拠です。


血管専門医もおすすめ亜麻仁油・オメガ3効果
亜麻仁油
亜麻仁油 選び方と食べ方
婦人画法掲載の亜麻仁油
亜麻仁油 好評の健康オイル おいしい食べ方 動画
「駆け込みドクター!」特集「認知症最前線スペシャル」で認知症予防に医師もお勧め亜麻仁油


背筋をまっすぐに伸ばせば温まってぽかぽかに

山田 みなさんの細胞のはたらきが正常かどうか、ここで簡単なテストを行ってみましょう。まずは、両足を肩幅に開いて、両腕を肩と水平の位置にまで持ち上げます。それから、目を閉じたままで両方の人差し指を近づけていきましょう。指がピタリとつけば問題ありませんが、ずれたり、すれ違ったりした時には、脳の出した指令が上手く行き届いていません。

吉良 なぜ、そんなことが起きてしまうのでしょうか。

山田 指先の筋肉を正しく動かせるかどうかは、姿勢と深い関係があります。江戸時代の人々は、一俵60kgのお米を何個も同時に持ち上げることができました。元々、一俵の重さが60kgと定められたのは、「女性が簡単に持ち上げられる重さだから」と書かれている文献も残っています。ですが、それは単に腕の力が強かったから持ち上げることができたわけではありません。昔の人々は、今よりもはるかに身体の姿勢とバランス感覚が優れていました。それが、現代風のライフスタイルで生きている我々との大きな違いです。


吉良 言われてみれば、祖父母の年代の方々は、いつも「姿勢を正しなさい」と言って、子どもたちを躾けていました。今では、そんな方も少なくなってしまいましたが。

続きはこちら記事2ページ分を詳しくご紹介

雑誌veggy vol.49 2016年12月号に掲載
亜麻仁油が体を冷えから救うなどの山田豊文先生の記事


veggy49


veggy vol.49 2016年12月号
ベジタブル&オーガニックライフ情報誌
veggy ベジィ

veggy vol.49 2016年12月号公式サイトはこちら
veggy公式オンラインはこちら
veggy編集ブログ
出版社:キラジェンヌ株式会社

雑誌ご購入はこちら
veggy ベジィ vol.49 2016年12月号



ニュージーランド産有機亜麻仁油
オメガ3豊富なveggy掲載のニューサイエンス 有機亜麻仁油ニュージーランド産



関連情報
吉良さおりSaori Kira
日本初のベジタリアンマガジン『veggy(ベジィ)』編集長。国際食学協会・名誉理事長。3児の母。20代前半をイギリス、フランスで過ごした事で、プラントベース(食事)&ホリスティックあライフスタイルを始める。

山田豊文Toyofumi Yamada
杏林予防医学研究所所長。「細胞環境デザイン学」を独自に提唱し、「杏林アカデミー」(2013年開校)や「アカサカフロイデクリニック」(2015年開院/武井みずほ院長)を通じて、本来あるべき予防医学と治療医学の啓蒙や指導を行う。近著に『死ぬまで元気に生きるための七つの習慣』(山と渓谷社)など。杏林予防医学研究所ホームページ


ニュージーランド産有機亜麻仁油
オメガ3豊富なveggy掲載のニューサイエンス 有機亜麻仁油ニュージーランド産

産地紹介やおいしい上手な摂取方法などもございます。

亜麻仁油の選び方や製造について


血管専門医もおすすめ亜麻仁油・オメガ3効果
亜麻仁油
婦人画法掲載の亜麻仁油
亜麻仁油 好評の健康オイル おいしい食べ方 動画
「駆け込みドクター!」特集「認知症最前線スペシャル」で認知症予防に医師もお勧め亜麻仁油

関節や肌、アンチエイジングに高純度MSMとグルコサミン、コンドロイチンの液体サプリ


日々の栄養補助として、肌やふしぶし関節、骨の健康、アンチエイジングに心強い成分たっぷり
プチ断食酵素ファスティングを楽にするためのお供にも最適
 


ミラクルMSM ニューサイエンス高純度MSM

ニューサイエンス ミラクルMSM液体サプリメント



ニューサイエンス ミラクルMSM液体サプリメントは高純度なMSMの液体サプリメントです。MSMはメチルスルフォニルメタンという成分でコラーゲンに必要な天然の栄養素です。吸収がよく安心の無添加だから、日々の栄養補助としておすすめ。MSMは肌やふしぶし関節の健康、アンチエイジングに役立つ栄養のため、他にもこれらに心強い成分、グルコサミン、コンドロイチン、ザクロエキス、エゴノキ、アロエ、ココナッツをたっぷり配合。保存料など余分な添加物も無添加で含みません。


また、液体タイプのMSMだから、プチ断食酵素ファスティングを楽にするお供にも最適。吸収が良く余分な添加物は無添加、プロアスリートも信頼する杏林予防医学研究所採用品だから安心です。



ミラクルMSM450cc正規販売店
ミラクルMSM ニューサイエンス高純度MSM 送料無料
送料無料

ニューサイエンス ミラクルMSM正規販売ヤフー店


  • グルコサミン...軟骨のもとになる成分。
  • コンドロイチン...保水し関節のクッション役をする軟骨の成分。
  • ザクロエキス...マトリックスメタロプロテアーゼ(MMP)とよばれる、炎症や痛みにかかわる酵素の過剰生産を抑える働きが認められています。また、女性ホルモンのエストロゲンの一種であるエストロンとエストラジオールが含まれています。


  • MSM(メチルスルフォニルメタン)...軟骨成分同士を結合するコラーゲンの産生を促進する成分(軟骨の形成・修復に不可欠)。お肌に柔軟性も与えます。
    グルコサミンやコンドロイチンの生成も促します。また細胞の柔軟性や浸透性を復元することが報告されています。



プロアスリートも信頼する杏林予防医学研究所採用品


ファスティングとは
ファスティングガイドブック

ファスティングの方法

山田式ミネラルファスティング情報
山田式ミネラルファスティング
酵素ドリンクにおすすめファスティングプレミアム

天然ビタミンC 高単位 サプリメント

ニューサイエンス ビタミンC1000
  • 合成添加物は無添加、ビタミンCの原料は農薬不使用、残留農薬試験もクリア、農薬不検出

天然ビタミンC高単位サプリメント

ビタミンCサプリメントの多くは合成ビタミンのみ、または天然由来に合成ビタミンを加えたものですが、このニューサイエンス ビタミンC1000は天然由来のビタミンCのみを1000mg高濃度配合した天然ビタミンCサプリメントです。合成添加物は無添加で天然系のみ使用。しかもビタミンCの原料は農薬不使用、残留農薬試験もクリアし農薬不検出というこだわり。さらに吸収を良くするためにバイオフラボノイドを高含有(1粒あたり100mg)含有しております。


  • 健康、美容、肌荒れ、紫外線が気になる、喫煙する方、スポーツをする方におすすめ
  • 無着色、無香料。合成添加物は無添加
  • GMP取得工場で製造

 

ビタミンC1000

ニューサイエンス ビタミンC1000

ニューサイエンス ビタミンC1000正規販売店ページ

ニューサイエンス ビタミンC1000正規販売楽天店ページ
ビタミンC1000公式ページ

杏林予防医学研究所公式サイト
杏林予防医学研究所について
ニューサイエンス サプリメント 無農薬 天然ビタミンCサプリメント
無農薬オーガニック

高品質乳酸菌

無添加植物性乳酸菌サプリメント 日本の知恵



  • 健康美容、アレルギーケアに注目の乳酸菌。高品質な植物性のラブレ菌とナノ型乳酸菌にフルーツ酵母配合
  • ニューサイエンス マルチバイオティクス

高品質乳酸菌サプリをお探しの人に最適


植物性乳酸菌サプリメント


ヨーグルトなど動物性乳酸菌よりも生命力が強いのが特徴の植物性乳酸菌ですが、このニューサイエンス マルチバイオティクスに配合したのは、日本古来からの長野県の木曽地方に伝わるすんき漬けや京都のすぐきの乳酸菌です。


これらは体内環境のように塩分や酸分などが多い過酷な環境下でも生きぬく力が強い乳酸菌なので、健康食品に最適な乳酸菌です。

また、乳酸菌には、生菌・死菌とありますが、どちらも配合。
余分な添加物は無添加、有名プロスポーツ選手や芸能人の食事指導実績が多数、信頼の杏林予防医学研究所開発、検定品で安心な高品質だからおすすめ。


植物性乳酸菌サプリメント
アレルギー健康に植物乳酸菌ニューサイエンス マルチバイオティクス正規販売店
ニューサイエンス マルチバイオティクス yahoo正規販売店

ニューサイエンス マルチバイオティクス amazon正規販売店


乳酸菌
乳酸菌とは


ニューサイエンス マルチバイオティクス配合乳酸菌



植物性ナノ型乳酸菌SNK

  • 長野県木曽地方の伝統食、「すんき漬け」から発見された乳酸菌で粒子の直径が1ミクロン以下の微粒子、かつ、水に溶かした時に一つ一つがバラバラの状態になるように加工された殺菌乳酸菌としました。殺菌乳酸菌は死菌とも言われます。

    死んだ乳酸菌は意味がないわけではなく、むしろ腸の活性化に役立つ存在です。たとえば乳酸菌などのエサとなって腸内の善玉菌を増やします。


ラブレ菌

  • 京都市の伝統的な漬物(京漬物)「すぐき漬け」から発見された乳酸菌です。生存力がとくに強いので生菌乳酸菌として配合されています。腸まで生きてたどりついた生きた乳酸菌は腸内フローラの為に働いてくれます。
    とくにこのラブレ菌は生きたまま腸まで届くだけでなく腸内で増殖する力にも優れていることも確認されています。



ブラウディ フルーツ酵母

  • 1920年ごろ、ベトナム現地人がライチから作っていた飲み物から、フランス人微生物学者のブラー博士が発見した天然生菌酵母です。ライチ由来なのでフルーツ酵母といわれます。


高品質乳酸菌

 杏林予防医学研究所検定品 ニューサイエンス


健康情報


亜麻仁油 選び方と食べ方

マグネシウムの効果や働き

医師もおすすめの栄養効果マグネシウム



国産生姜・アフリカ紅茶のブレンドティーでアンチエイジング美容に
しょうが紅茶ティー


このしょうが紅茶しょうがは厳選した香りと味の良い国産生姜(高知県産土佐一生姜)を採用し、紅茶はこだわりのケニア産紅茶としました。口あたりがよく美味しく召し上がれるだけではなく美容健康、冷え対策に役立ちます。

ケニア産紅茶の特徴は紫外線の多い地域であることから紅茶フラボノイドなど、カテキン、ポリフェノール(SOD酵素)がとくに豊富なので、抗酸化力が強く活性酸素を除去してアンチエイジングから肌荒れ健康に役立ちます。
自然派栽培だから安心、健康やダイエット、肌荒れ対策スキンケアにより期待ができます。


生姜紅茶ジンジャーティー

冷えやダイエット、アンチエイジングにしょうが紅茶



健康茶:オーガニック100%ルイボスティー

ダイエット茶:ジュアールティー

ダイエット:ファスティングダイエット油オメガ3亜麻仁油オーガニック

冷え対策:遠赤外線腹巻足温器レッグホット遠赤外線ドーム型サウナ

高品質乳酸菌

乳酸菌の効果 アレルギーや免疫、肌荒れなどに人気



乳酸菌

乳酸菌とは

乳酸菌といえばヨーグルトを思い出す方が多いでしょう。乳酸菌とは名前のとおり乳酸をつくりだす菌類のことで1857年に発見されました。

乳酸菌は糖類やアミノ酸(たんぱく質)、ビタミンB群、ミネラル(マグネシウム等)をえさとして生きています。ヨーグルトや乳酸菌飲料、漬け物など食品の発酵をしていますので、そのような食品の中にいます。


高品質乳酸菌


 乳酸菌の一部は腸などの消化管(腸内細菌)にもいて、腸内環境の健康維持に役立っていると考えられています。




植物性乳酸菌と動物性乳酸菌



その乳酸菌には健康食品としては動物性と植物性があります。動物性はチーズやヨーグルトに生きている乳酸菌で植物性は漬物などに生息している乳酸菌です。

とくに植物性の乳酸菌は生存力が強いので胃の過酷な環境でも生き抜けるので腸まで届くといわれています。



漬物に植物乳酸菌


高品質乳酸菌

殺菌乳酸菌

  • 殺菌乳酸菌は死菌とも言われます。つまり死んだ乳酸菌です。殺菌乳酸菌は死んでいても意味がないわけではなく、むしろ腸の活性化に役立つ存在です。


    たとえば腸内で生きている乳酸菌のエサとなって腸内の善玉菌を増やしたり、悪玉菌が好む有害物質を吸着して便として体外へ排出したり、さらには腸に刺激を与えて免疫細胞を増やして免疫力をアップするといわれています。
    腸に刺激を与えるには細かくナノ化されているとさらに良いようです。


生きた乳酸菌

  • 腸まで生きてたどりついた生きた乳酸菌はそのまま腸内フローラに住み着くわけではないといわれますが、体外へ排出されるまでの間、乳酸を作りだして悪玉菌が生息しにい腸内環境にしたり、他の善玉菌とともに腸を刺激し、便秘で悩む腸にも蠕動運動を促すなど腸内フローラ改善の為に働きますので人の健康に役立ちます。

    たとえばラブレ菌という乳酸菌が生きたまま腸内まで届くとリンパ球を刺激し、インターフェロンaという免疫力をアップさせる成分を作り出すのに役立ちます。


  • 腸内フローラ


このように乳酸菌は生きて腸まで届く菌も、殺菌された菌でもどちらも*腸内フローラで人の健康への効果があります。
お腹の張り便秘など腸の調子が悪い方、肌荒れやアレルギーがある方、風邪をひきやすいなど免疫力低下が気になる方などは積極的に摂取すると良いでしょう。

またビタミンやミネラルも善玉菌の栄養になるので同時に摂取するとなお良い効果があるでしょう。



*腸内フローラとは
腸内には乳酸菌をはじめさまざまな種類の細菌が生息しています。それがまるで花畑のように見えるため腸内フローラと呼ばれます。

PR



高品質乳酸菌

ミネラルについて


栄養に役立つミネラルの効果



ミネラルとはミネラルウォーターを思い浮かべるかもしれませんね。でも実際、ミネラルとは無機質・元素のことで、簡単に言えば金属です。

体に必須のミネラル栄養素
PR オーガニック安心ミネラルサプリ



栄養学的にいいますと、ミネラル(Mineral)とは、体の構成や、機能の維持や調節に必要な微量栄養素のことです。栄養学では、灰分とも言われています。 ミネラルは元素のため人間の体では作ることができません。ですから食物や水分などから摂取する必要があります。



このミネラルのうち人の栄養素として欠かせないのを必須ミネラルといいます。 日本人にとって代表的なミネラルはカルシウムや鉄分、亜鉛、マグネシウム、カリウムです。それが日本の栄養学がドイツやアメリカなどと比べてとても遅れているために、これまで一般の人の認知はカルシウムと鉄分くらいでした。


しかし、これは必須ミネラルの一部で、しかもカルシウムが働くにはマグネシウムやビタミンが必要であるなどバランスも大切で、カルシウムだけ多めに摂ってもかえって害になったりします。


ミネラルは体に蓄積するため摂りすぎは害になるのです。 放射線対策としてヨウ素の大切さが言われたりもしましたが、本来の栄養素としてのヨウ素の働きを知っている人がどのくらいいるでしょうか。ほとんどいないと思います。

それくらい日本の栄養学は遅れています。そこで体に必須の代表的な栄養ミネラルを紹介します。

必須ミネラル
  • カルシウム
  • リン
  • ナトリウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • マンガン
  • ヨウ素
  • セレン


などです。以上が体に必須のミネラル類です。ミネラルはカラダに必要な量は微量です。そのため日本ではいまだに栄養士でも重要性を十分に認識していない人もまだまだ多いです。しかし、ミネラルは非常に重要な栄養素です。それぞれ役目は異なりますが、体内でタンパク質を作るために必要なミネラルもありますので、不足するとタンパク質が合成できないことで様々な悪影響がでてきて、病気になることもあります。


PR 体内のミネラル量を検査


ミネラルが豊富なのは海藻類や小魚、ゴマ、玄米などです。精製された白米や小麦はミネラルを削ってしまっていますので、少なくなっています。非精製の方がミネラルを摂取できます。



もちろん野菜にも含まれますが、化学肥料で育てられた野菜はミネラル分が少なくなります。それは限られたミネラルしか与えられていないからです。そのため、野菜のミネラル、ビタミンの含有量は厚生労働省の調査でも年々減少しています。さらに、食品添加物の中には、ミネラルを排出してしまうものもあります。



海藻や小魚は、現在、水銀汚染なども心配されていますので、必須ミネラルは良質なサプリメントの摂取が確実でしょう。 ミネラルのサプリメントは、鉱物ではない生物由来(有機的)でないと吸収が悪いです。また、合成の添加物が多いサプリメントや原料や製造が不確かなものはおすすめはできません。

GMPと書かれていれば、より安心です。絶対に必要ではありませんが、GMPとはGood Manufacturing Practiceの略で製造や品質管理を行っている工場で製造されたことを表しているためです。なお、ミネラルには栄養ではない有害なミネラルもあります。水銀やヒ素(ほんの少しは必要と言われています)、鉛などです。これらは体に害があるのはご存知のとおり有害ミネラルと言われ、栄養素ではありません。




体内のミネラルは必須ミネラルが必要量あり、有害ミネラルが少ないのが理想です。これは毛髪から調べることができますので体内の栄養が気になる方、美容健康でありたい方、スポーツや勉強、ビジネスのパフォーマンスアップを目指す方は検査をし、不足していれば良質なミネラルサプリメントを摂取すると良いでしょう。

ビタミン・ミネラル
GMPサプリメント
おすすめの食事法:まごわやさしい
PR 10種類のミネラルと15種類のビタミンを高配合オーガニック・無添加系素材を使用GMP取得高品質サプリメント
マルチミネラルビタミン 配合ミネラル:マグネシウム/カルシウム/亜鉛/銅/マンガン/鉄/クロム/セレン/モリブデン/カリウムなど

毛髪ミネラル検査:毛髪を切って送るだけで体内の必須ミネラルと有害ミネラルを検査・報告・アドバイス。
爪ミネラル検査:爪を切って送るだけで体内の必須ミネラルと有害ミネラルを検査・簡易報告。
杏林予防医学研究所開発GMP取得高品質サプリメント

有機酵母シュラウザー式ミネラルサプリメント
GMP取得の高品質吸収を考えた酵母由来のミネラルサプリメント
亜鉛サプリメント(ジンク)/マグネシウムサプリメント/セレンサプリメント

↑このページのトップヘ