無農薬 オーガニック

無農薬、オーガニック製品の紹介

タグ:クリルオイル

医師がすすめる 一生若くいられる油のとり方 日経ヘルス掲載 クリルオイル


日経BPムック 日経ヘルス別冊
油でダイエット!! 脳もアンチエイジング!
医師がすすめる話題の油をまとめて紹介

本当は体にいいの? 悪いの?? 油のこと ちゃんと知っていますか?
体も脳も若返る「正しい油のとり方」を完全紹介します!

一生若くいられる 油のとり方 日経BPムック 日経ヘルス
日経BP社 (2015/11/4)


一生若くいられる 油のとり方P81 (紙面から一部引用)


さらに詳しい実験結果や内容については紙面にて

アスタミクロ
高品質クリルオイルアスタミクロ(ASTA396)
1日目安量2粒に、クリルオイル880mg(うち、EPA163mg、DHA90mg)、アスタキサンチン154ppm以上含有。

DHA、EPA+アスタキサンチンが入った「クリルオイル」って?
南極近海で捕獲される動物プランクトン「南極オキアミ」(写真)から抽出されるオイル。「体内への吸収効率が良い構造をしていて、抗酸化物質アスタキサンチンも含む。脳での活性酸素抑制、脳機能改善効果などに注目している」(矢澤教授)
クリルオイル効果
(掲載雑誌からだにいいこと 記事:杏林大学医学部 古賀良彦先生)
クリルオイルとは
クリルオイル冊子配布
クリルオイル書籍


油でダイエット 脳もアンチエイジングオメガ3の効果



魚油で脳の認知機能が改善
認知機能テスト スコア変化値
DHA・EPA群


オリーブオイル群
摂取前 6ヵ月後 12ヶ月後

認知症でない平均73歳の高齢者111人を2群に分け、1年目は片方がDHA1720mg、EPA407mg含有の魚肉ソーセージ、もう片方はオリーブオイル入り魚肉ソーセージを摂取。魚油入り群は半年後と1年後、認知機能テスト(MMSE)のトータルスコアが改善した。(データ:Journal of AgingResearch&ClinicalPractice;1,3,193-201,2012)


EPAで中性脂肪が下がった

血中中性脂肪値の変化量(mg/dl)
オリーブオイル群
EPA・DHA群

飲用期間
飲用中止後
(0週)4週8週12週(4週)


摂取前
中性脂肪が高めの男女113人が2群に分かれ、片方はEPA600mg、DHA260mgの飲料、もう片方はオリーブオイル配合飲料を12週間飲んだ。その結果、魚油を含む飲料を飲んだ群は血中中性脂肪値が摂取前値に比べて4週後20%、8週後19%、12週後20%低下していた。(データ:日本臨床栄養学会雑誌;33,3・4,120-135,2011)

詳細はにつきましてはぜひ一生若くいられる 油のとり方をお読みください。


クリルオイル アスタミクロ正規販売店ページ
お得な2個セットクリルオイル アスタミクロ正規販売店

楽天 クリルオイル アスタミクロ正規販売店ページ

Tポイントでお得ヤフー クリルオイル アスタミクロ正規販売店ページ

お得ヤフー クリルオイル アスタミクロ2個セット正規販売店ページ

一生若くいられる 油のとり方

今まで正しいと思ってきた情報が間違っていた!? 油の新・常識

  • バター、ラードなど 動物性の脂肪は悪者ではなかった
  • オメガ3の油で 学力・視力・性機能アップ!
  • 油は量ではなく どんな油をとるかで体が変わる!
  • ダイエット効果、ボケを防止、便秘改善

掲載内容など詳細は紙面にて
一生若くいられる 油のとり方 日経BPムック 日経ヘルス
一生若くいられる 油のとり方

一生若くいられる 油のとり方公式サイトはこちら
日経BPムック 日経ヘルス別冊公式サイトはこちら



アスタミクロ
高品質クリルオイルアスタミクロ(ASTA396)
1日目安量2粒に、クリルオイル880mg(うち、EPA163mg、DHA90mg)、アスタキサンチン154ppm以上含有。

DHA、EPA+アスタキサンチンが入った「クリルオイル」って?
南極近海で捕獲される動物プランクトン「南極オキアミ」(写真)から抽出されるオイル。「体内への吸収効率が良い構造をしていて、抗酸化物質アスタキサンチンも含む。脳での活性酸素抑制、脳機能改善効果などに注目している」(矢澤教授)

クリルオイルとは
クリルオイル冊子配布
クリルオイル書籍

クリルオイル効果
(掲載雑誌からだにいいこと 記事:杏林大学医学部 古賀良彦先生)
日経ヘルス2015年9月号 脂肪排出サプリに掲載





高品質DHAやEPA豊富なクリルオイルと魚油の違い



アンチエイジング美容健康に人気のクリルオイルと同じくオメガ3のサプリメントであるDHAやEPAの多くは魚油由来です。魚油とクリルオイルとの大きな違いは、クリルオイルは水に溶け、魚油は溶けないということです。


 ※左(クリルオイルが溶けた水・右)水に溶けず浮く魚油
水に溶けるクリルオイルと溶けない魚油

水に溶けるクリルオイルと溶けない魚油

つまり、水に溶けるクリルオイルは体に吸収されやすく、水に溶けない魚油は吸収されにくいのです。そのためなのか、クリルオイルのほうが効果も出やすいという研究結果もあります。また、魚油のような飲んだ後の魚臭さがにおってしまうニオイ戻りがありません。そこも飲みやすさの点で人気があります。

ただ、クリルオイル自体の品質も大事ですので、無添加や抽出方法などにも注意しましょう。

※クリルオイルと魚油における赤血球中の脂肪酸組成の変化(単位%)

魚油よりも効果が高いクリルオイル

オメガ3が血液中に増える効果が魚油よりも高いという結果が出ています。
※魚油よりもクリルオイルの方がオメガ3が増えやすいのです。


クリルオイルの上手な選び方



矢澤教授著作 オキアミ由来の新型オメガ3 クリルオイル

高品質クリルオイル

↑このページのトップヘ