ミネラルについて


栄養に役立つミネラルの効果



ミネラルとはミネラルウォーターを思い浮かべるかもしれませんね。でも実際、ミネラルとは無機質・元素のことで、簡単に言えば金属です。

体に必須のミネラル栄養素
PR オーガニック安心ミネラルサプリ



栄養学的にいいますと、ミネラル(Mineral)とは、体の構成や、機能の維持や調節に必要な微量栄養素のことです。栄養学では、灰分とも言われています。 ミネラルは元素のため人間の体では作ることができません。ですから食物や水分などから摂取する必要があります。



このミネラルのうち人の栄養素として欠かせないのを必須ミネラルといいます。 日本人にとって代表的なミネラルはカルシウムや鉄分、亜鉛、マグネシウム、カリウムです。それが日本の栄養学がドイツやアメリカなどと比べてとても遅れているために、これまで一般の人の認知はカルシウムと鉄分くらいでした。


しかし、これは必須ミネラルの一部で、しかもカルシウムが働くにはマグネシウムやビタミンが必要であるなどバランスも大切で、カルシウムだけ多めに摂ってもかえって害になったりします。


ミネラルは体に蓄積するため摂りすぎは害になるのです。 放射線対策としてヨウ素の大切さが言われたりもしましたが、本来の栄養素としてのヨウ素の働きを知っている人がどのくらいいるでしょうか。ほとんどいないと思います。

それくらい日本の栄養学は遅れています。そこで体に必須の代表的な栄養ミネラルを紹介します。

必須ミネラル
  • カルシウム
  • リン
  • ナトリウム
  • カリウム
  • マグネシウム
  • 亜鉛
  • マンガン
  • ヨウ素
  • セレン


などです。以上が体に必須のミネラル類です。ミネラルはカラダに必要な量は微量です。そのため日本ではいまだに栄養士でも重要性を十分に認識していない人もまだまだ多いです。しかし、ミネラルは非常に重要な栄養素です。それぞれ役目は異なりますが、体内でタンパク質を作るために必要なミネラルもありますので、不足するとタンパク質が合成できないことで様々な悪影響がでてきて、病気になることもあります。


PR 体内のミネラル量を検査


ミネラルが豊富なのは海藻類や小魚、ゴマ、玄米などです。精製された白米や小麦はミネラルを削ってしまっていますので、少なくなっています。非精製の方がミネラルを摂取できます。



もちろん野菜にも含まれますが、化学肥料で育てられた野菜はミネラル分が少なくなります。それは限られたミネラルしか与えられていないからです。そのため、野菜のミネラル、ビタミンの含有量は厚生労働省の調査でも年々減少しています。さらに、食品添加物の中には、ミネラルを排出してしまうものもあります。



海藻や小魚は、現在、水銀汚染なども心配されていますので、必須ミネラルは良質なサプリメントの摂取が確実でしょう。 ミネラルのサプリメントは、鉱物ではない生物由来(有機的)でないと吸収が悪いです。また、合成の添加物が多いサプリメントや原料や製造が不確かなものはおすすめはできません。

GMPと書かれていれば、より安心です。絶対に必要ではありませんが、GMPとはGood Manufacturing Practiceの略で製造や品質管理を行っている工場で製造されたことを表しているためです。なお、ミネラルには栄養ではない有害なミネラルもあります。水銀やヒ素(ほんの少しは必要と言われています)、鉛などです。これらは体に害があるのはご存知のとおり有害ミネラルと言われ、栄養素ではありません。




体内のミネラルは必須ミネラルが必要量あり、有害ミネラルが少ないのが理想です。これは毛髪から調べることができますので体内の栄養が気になる方、美容健康でありたい方、スポーツや勉強、ビジネスのパフォーマンスアップを目指す方は検査をし、不足していれば良質なミネラルサプリメントを摂取すると良いでしょう。

ビタミン・ミネラル
GMPサプリメント
おすすめの食事法:まごわやさしい
PR 10種類のミネラルと15種類のビタミンを高配合オーガニック・無添加系素材を使用GMP取得高品質サプリメント
マルチミネラルビタミン 配合ミネラル:マグネシウム/カルシウム/亜鉛/銅/マンガン/鉄/クロム/セレン/モリブデン/カリウムなど

毛髪ミネラル検査:毛髪を切って送るだけで体内の必須ミネラルと有害ミネラルを検査・報告・アドバイス。
爪ミネラル検査:爪を切って送るだけで体内の必須ミネラルと有害ミネラルを検査・簡易報告。
杏林予防医学研究所開発GMP取得高品質サプリメント

有機酵母シュラウザー式ミネラルサプリメント
GMP取得の高品質吸収を考えた酵母由来のミネラルサプリメント
亜鉛サプリメント(ジンク)/マグネシウムサプリメント/セレンサプリメント